㊲在来浴室(造作風呂)のデメリット×

今回は「在来浴室(造作風呂)」のデメリットをご紹介します。

◆デメリット◆

・工期が長くなる
 1つ1つ施工していくので、どうしても時間がかかってしまいます。
 どのような仕上がりにするかによって工期も大幅に変わってきます。

・価格が高い
 選ぶ素材によっても大幅に変わってきますが、
 工期が長くなれば長くなる程、職人さんの費用も掛かってきます。

・仕上がりに差が出る
 ユニットバスのように既製品ではないため、
 仕上がりは職人さんの腕にかかってきます。


・掃除がしにくい場合がある
 使用する素材や出来上がりによって、
 掃除がしにくい場合があります。

・防水性が劣る
 つなぎ目がない防水パンのような
 ユニットバスとは違うため、
 劣化し、防水性が劣ってくると
 水漏れがしやすくなります。
 2階以上の場所に浴室を
 作りたいという場合には不向きです。

・見本がない
 パーツや素材自体は、ショールームで見ることが出来ますが、
 オーダーメイドの為、出来上がりを事前に見ることができません。
 そのため、事前打ち合わせをしっかりしないと、
 認識にズレが生じ、出来上がってから
 「思っていたのと違う」といったことが起こる可能性があります。

いかがでしたでしょうか。
自由に作ることができるというメリットがある反面、
オーダーメイドだからこそ
値段が高くなる・工期が長くなるといったデメリット
があります。

☆★☆大阪市・大阪府内の水まわりのリフォームは関西ホームライフにお任せ下さい☆★☆
トイレ・洗面所・お風呂・キッチン、ぜひご相談ください!

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-100-875
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

風呂・浴室の施工例については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-