⑨トイレのフタは必要?

トイレのフタ、
あなたはいつも閉めていますか?
それとも開けたままにしていますか?

外出先では、
開けっ放しになっている
トイレをよく見かけます。
たまにフタ自体がない
トイレもあったり・・・

そもそも、
トイレのフタは必要なのでしょうか。
とりあえず、トイレにフタが付いている由来を調べてみました。

TOTOの公式サイトを見てみると、
欧米のトイレは、
お風呂や洗面台と合わせて
「バスルーム」と呼ばれていて、
便座のフタを閉めて座り、
化粧をしたり服装を整えたりするのに
使われていたようです。
ちなみに、
トイレだけが独立している場合は、
フタなし便座が多いそうです。

ここで思ったのが、
・・・日本のトイレは独立していても ほとんどの便器にフタが付いていますよね・・・
なぜでしょうか。

実は、トイレのフタは座るだけではなく、
とても重要な役割を果たしていたのです。

◆ウイルスや菌の飛散・拡散を防ぐ
トイレのフタを開けたまま水を流すと、水しぶきが1~2mも
飛び散ってしまうことがあるそうです。
この水しぶきは、
用を足した後の汚物が
混ざっているものなので、
とても汚いですよね・・・
そして、空気中にも
バイ菌が舞い上がり・・・
90分経った後でも、
個室内の空気中に菌が検出されたらしいです。

◆ニオイの広がりを防ぐ
フタを閉める=密閉
というわけではないので、
完全ではありませんが、
ニオイが個室内で広がるのを防ぐ効果もあるそうです。

◆暖房便座だと節電になる
フタを閉めることで放熱を防ぎ、節電につながります。

◆安全管理
小さなお子さまは、頭が小さいため、
そのまま はまってしまう危険があります。
必ずフタを閉めておきましょう。


◆落下物が便器の中に落ちるのを防ぐ
特に便器の上に
棚があるトイレは要注意です。
フタがあいている時に、
地震が起きると
棚にのっている物が
落下して
便器の中に落ちることも。

◆トイレの水の蒸発を防ぐ
毎日使っているトイレであれば、
水を流すたびに同じ水量に戻るので、
蒸発しているという意識はないかもしれませんが、
手を拭いた後のタオルが、徐々に乾くように、
実はトイレの水も少しずつ蒸発しているのです。
トイレのフタを閉めていると、蒸発する量を少なくすることができ、
空気に混じる菌の量も減ることになります。

それ以外にも風水では
「トイレにフタをする=邪気にフタをする」
といわれ、トイレのフタを閉める習慣は、
財運・金運がUPすると言われているそうです。

いかがでしたでしょうか。
座るために取り付けられていたトイレのフタですが、
実はたくさんの役割を果たしてくれていたのです。

皆様も今日からぜひ!
トイレのフタを閉じる習慣を身につけてくださいね。

☆★☆大阪市・大阪府内の水まわりのリフォームは関西ホームライフにお任せ下さい☆★☆
トイレ・洗面所・お風呂・キッチン、ぜひご相談ください!

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-100-875
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

トイレの施工例については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

“⑨トイレのフタは必要?” への1件の返信

コメントを残す