⑦大レバー・小レバーの使い分け

用を足した後に水を流す時の洗浄レバーに
「大」と「小」の印がありますよね。
皆様は、どう使い分けていますか?

大便の時は大レバー、
小便の時は小レバー?

それとも、大便も小便も
トイレットペーパーを
使用するので、
流す時は大レバーしか
使っていないという方も
いらっしゃるのでは?

実はこれ、どちらも
間違いではないのです。

洗浄レバーには、
“ホールドタイプ”“ノンホールドタイプ”という2種類があり、
このタイプによって、小レバーでもトイレットペーパーを
流せるかどうかが変わります。

◆ホールドタイプ◆
レバーをひねっている間だけ水が流れるタイプです。
このタイプの小レバーは水量が少なく、
トイレットペーパーを流せなかったので、
女性は常に大レバーで流していました。

◆ノンホールドタイプ◆
レバーをひねった瞬間、水が流れ、
そのあとはレバーが軽い感触に変わるのが特徴です。
このタイプであれば小レバーでも
トイレットペーパーを流すことができるため、
男女ともに、大の時は大レバー、
小の時は小レバーを使えば大丈夫です。

今は、ノンホールドタイプが主流になってきてはいますが、
中にはホールドタイプのトイレもあります。

いつも使用する自宅のトイレはどちらのタイプか、
水をひねった時に確認するのも良いかもしれませんね。

☆★☆大阪市・大阪府内の水まわりのリフォームは関西ホームライフにお任せ下さい☆★☆
トイレ・洗面所・お風呂・キッチン、ぜひご相談ください!

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-100-875
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

トイレの施工例については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

コメントを残す