②アナタは和式派?洋式派?~その2~

前回の和式トイレに引き続き、
今回は洋式トイレのメリット・デメリットをご紹介致します。

◆洋式トイレ◆

●メリット●
・足腰に負担がかからない
イスに座るような体制で
使用できるので、
足腰に負担がかからず、
楽な姿勢で
用を足すことができる。

・便座の温度調節ができる
(物によっては)
便座の温度調節ができるので、
寒い冬でも暖かな便座に座ることができる。

・見た目がキレイ
フタがあり、直接中を見ることが少ないため清潔感がある。

・皮膚に優しい
(物によっては)シャワーノズルが付いているため、
デリケートな皮膚を清潔に保つことができる。

・節水できる
昔は、1回に13リットルもの水を使って洗浄していました。
ですが、今では3.3~5リットル前後と、
少ない水量で洗浄できる節水トイレが続々と登場しています。


●デメリット●

・掃除が大変
和式トイレとは違い、複雑な形状なものが多く、
隅々まで掃除をするには大変です。
→今では、汚れがつきにくい素材や掃除がしやすい形のもの、
 用を足すときに飛び跳ねないような工夫がされているトイレもあり、
 汚れにくいトイレに進化してきています。

・便座に直接触れてしまう
用を足すとき、直接座らないといけない。
→普段は使いやすい洋式トイレですが、
人が使った後の便座に直接座りたくないという事から、
出先では和式トイレを使いたいという声も。
どうしても洋式トイレを使わなければならない時は、
尻を浮かして用を足す・備え付けのアルコール消毒を使う
便座シートを使う・トイレットペーパーを敷いて使う
ど色んな方法で対処しているそうです。

デメリットが改善され、
ますます快適なトイレ空間になってきていると思います。
新商品にも注目したいと思います。

☆★☆大阪市・大阪府内の水まわりのリフォームは関西ホームライフにお任せ下さい☆★☆
トイレ・洗面所・お風呂・キッチン、ぜひご相談ください!

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-100-875
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

トイレの施工例については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

コメントを残す