⑥トイレの形~U型・O型~

洋式トイレの便座。
今ではO型が主流ですが、
昔はU型・O型の2種類あったのはご存知でしょうか。

基本的には、先端があいている「U型」は公共のトイレ用、
先端があいていない「O型」は家庭のトイレ用と
使い分けされていたそうです。
では、なぜ使い分けされていたのでしょうか。
そこには、トイレの歴史が関係していました。

◆便座の役割◆
便器は汚れている場所です。
その汚れに肌が直接触れることのないように、便座が存在しています。

◆U型便座の役割◆
身体の大きな男性が座った時、
便座の前部分に局部が触れ、感染症がうつるのではと
心配する声からU型便座ができたと言われています。
そのため、不特定多数の人が使用する公共のトイレを中心に
U型便座が設置されていました。
身体の大きい男性を考慮してのU型便座。
思いやりからできたものなんですね。

◆なぜ大きいサイズのO型便座が普及しなかったのか◆
昔は和式トイレだったので、トイレ空間は狭かったものです。
そのため、和式から洋式に取り換えるときは、
同じ間取りのまま、便器だけを洋式トイレに取り換えていたので、
小さなレギュラーサイズの便器を設置することが多かったといわれています。

◆U型便座が減ったワケ◆
徐々に、トイレ空間をゆったり取る考え方が広がり、
トイレの個室自体を大きくする場所が増えました。
個室を大きくすることで、
大きめのエロンゲートサイズの便器も取り付けられるようになりました。
エロンゲートサイズは、レギュラーサイズに比べて大きい便器なので、
体が大きい男性でも普通に使用できるようになりました。
そのためU型便座の必要性がなくなり、徐々に減っていったようです。

◆O型便座のメリット◆
便座はプラスチックの為、割れたりヒビがはいることもあります。
U型に比べて全体的に力が分散されやすいO型の方が、
丈夫で耐久性が高くなっています。
作る時の成型もしやすく、便座を温めるための電熱線も配線しやすいと言われています。

場所によってはU型便座が残っているところもあるので、
見つけた時は、思いやりからできた便座なんだなぁっと
しみじみ思うのも良いかもしれませんね。

☆★☆大阪市・大阪府内の水まわりのリフォームは関西ホームライフにお任せ下さい☆★☆
トイレ・洗面所・お風呂・キッチン、ぜひご相談ください!

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-100-875
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

トイレの施工例については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

⑤トイレの大きさって?

洋式トイレの大きさは、
1つではないのはご存知でしょうか。

基本的には、
普通サイズ:レギュラーサイズ
大型サイズ:エロンゲートサイズ
の2種類あります。

サイズは、便座の取付穴から
便器先端までの長さによって、
どちらに対応しているかが
分かります。
サイズが違うと、便座の下から
便器が見えたりして、
用を足すときに
汚れやすくなりますので、
できるだけ便器にあった便座を選ぶのがオススメです。

先ほど、“基本的には”と書きましたが、
実は体が大きいお相撲さん用のトイレもあるみたいです(TOTO製品)。
ちなみに便座の取付穴から便器先端までの長さが、530㎜
横幅は420㎜(一般的なトイレは370㎜)あるのだそうです。
便座本体の厚みも普通のものより分厚いみたいで、
これなら体の大きいお相撲さん達も安心してトイレに行けますね。

☆★☆大阪市・大阪府内の水まわりのリフォームは関西ホームライフにお任せ下さい☆★☆
トイレ・洗面所・お風呂・キッチン、ぜひご相談ください!

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-100-875
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

トイレの施工例については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

④トイレの便器はホワイト系ばかり?

トイレの便器はなぜホワイト系ばかりなのだろう・・・?
と疑問に思ったことはありませんか。

実は、ホワイト以外にも
ブラックやピンク、グリーン、ブルーなど
様々な色が販売されています。

ですが一般的なのは、やはりホワイト系。
なぜこんなにも人気なのでしょうか。

◆インテリアに合わせやすい
トイレ空間が明るくなり、
どのようなインテリアにも
合わせやすい。

◆清潔感がある
昔はトイレのイメージは
“クサい・汚い”でしたが、
最近は清潔で居心地が良く、
人に見せられる空間に変化してきています。

◆掃除が便利
汚れが目立ちやすく、
どこが汚れているのかすぐにわかる為、
掃除がしやすく、汚れもきちんと落としやすい。

◆健康状態を確認しやすい
尿や便の色や状態を見ることで、健康状態を確認することができます。
便器に色が付いていると、実際の尿や便の色が分かりにくいため、
身体からのサインを見逃してしまう可能性が高くなります。

このように、何となくイメージで
「トイレ=ホワイト系」と思っていましたが、
きちんと理由があるのですね。

ホワイト以外にも淡い色が流行っているみたいですよ。
トイレをリフォームする時は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

☆★☆大阪市・大阪府内の水まわりのリフォームは関西ホームライフにお任せ下さい☆★☆
トイレ・洗面所・お風呂・キッチン、ぜひご相談ください!

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-100-875
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

トイレの施工例については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

③トイレの交換時期はいつ頃?

生活する上で欠かせないトイレですが、
お客様からよく「交換時期」について相談されます。

「トイレの交換時期」と一言でいっても、
・便器自体の耐用年数
・使用されている部品の耐用年数
・便座の耐用年数
・トイレ自体をリフォームするタイミング
と色々あります。

◆便器自体の耐用年数◆
陶器製の便器はとても丈夫で、
ヒビが入ったり、割れたりしない限りは
100年以上使用可能と言われています。

◆使用されている部品の耐用年数◆
タンクの中に使われている部品は約10年、
パッキンや配管は約20年程度と言われています。

◆便座の耐用年数◆
温水洗浄便座の寿命は、約7~10年と言われています。
壊れた場合は、修理するより新品に買い替えることの方が、
安くなることもあります。

◆トイレのリフォームのタイミング◆
トイレのリフォームの
タイミングは、
約10~20年です。
もちろん、使用頻度や
環境によっても
大きな違いがありますが、
タンク内や便座の故障が
多いようです。

劣化してくると、便器の汚れが落ちにくくなったり、
ニオイが気になったりと故障以外にも不具合が出てくるため、
他の水まわりのリフォームと一緒に検討する方が多いです。

故障してからだと、慌てて交換してしまう方がほとんどですが、
故障前であれば、ゆっくりと検討する時間があると思うので、

掃除のしやすさ・水量・デザインを比較し、
それぞれのご家庭にあったトイレを選んでほしいと思います。

☆★☆大阪市・大阪府内の水まわりのリフォームは関西ホームライフにお任せ下さい☆★☆
トイレ・洗面所・お風呂・キッチン、ぜひご相談ください!

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-100-875
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

トイレの施工例については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

②アナタは和式派?洋式派?~その2~

前回の和式トイレに引き続き、
今回は洋式トイレのメリット・デメリットをご紹介致します。

◆洋式トイレ◆

●メリット●
・足腰に負担がかからない
イスに座るような体制で
使用できるので、
足腰に負担がかからず、
楽な姿勢で
用を足すことができる。

・便座の温度調節ができる
(物によっては)
便座の温度調節ができるので、
寒い冬でも暖かな便座に座ることができる。

・見た目がキレイ
フタがあり、直接中を見ることが少ないため清潔感がある。

・皮膚に優しい
(物によっては)シャワーノズルが付いているため、
デリケートな皮膚を清潔に保つことができる。

・節水できる
昔は、1回に13リットルもの水を使って洗浄していました。
ですが、今では3.3~5リットル前後と、
少ない水量で洗浄できる節水トイレが続々と登場しています。


●デメリット●

・掃除が大変
和式トイレとは違い、複雑な形状なものが多く、
隅々まで掃除をするには大変です。
→今では、汚れがつきにくい素材や掃除がしやすい形のもの、
 用を足すときに飛び跳ねないような工夫がされているトイレもあり、
 汚れにくいトイレに進化してきています。

・便座に直接触れてしまう
用を足すとき、直接座らないといけない。
→普段は使いやすい洋式トイレですが、
人が使った後の便座に直接座りたくないという事から、
出先では和式トイレを使いたいという声も。
どうしても洋式トイレを使わなければならない時は、
尻を浮かして用を足す・備え付けのアルコール消毒を使う
便座シートを使う・トイレットペーパーを敷いて使う
ど色んな方法で対処しているそうです。

デメリットが改善され、
ますます快適なトイレ空間になってきていると思います。
新商品にも注目したいと思います。

☆★☆大阪市・大阪府内の水まわりのリフォームは関西ホームライフにお任せ下さい☆★☆
トイレ・洗面所・お風呂・キッチン、ぜひご相談ください!

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-100-875
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

トイレの施工例については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-